離婚は解決事例豊富な弁護士法人ⅰ(東大阪・奈良)の弁護士に相談 弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

東大阪/西宮北口/奈良 相談のご予約はこちら 受付時間 月~金 10:00~19:00 0120-115-456

  • HOME
  • 事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ
  • アクセス
  • お問合せ
  • HOME
  • 解決事例
  • DVを受けた方からの離婚請求(裁判離婚)が認められた事例(解決事例3)

DVを受けた方からの離婚請求(裁判離婚)が認められた事例

依頼者:女性(相談時45歳、Cさん)

事情

Cさんは、結婚して18年目であり、相手方(夫)との間に子供が一人いました。Cさんは、突然夫から不倫(不貞行為)をしているとのあらぬ疑いをかけられ、暴力をふるわれたあげく、生活費を一切渡してもらえなくなりました。そのためCさん親子は生活に困窮してしまい、別居した後に当事務所にご相談に来られました。

Cさんは離婚、親権、養育費、慰謝料、財産分与、年金分割などを求めていたところ、夫の方も離婚と慰謝料を求めてきました。

 

夫の方は、Cさんに対する疑念が誤りであることを一切認めず、話し合い(協議)では到底決着が付くことができませんでした。

そこで、裁判所を通じて解決を図ることになりました。
 

結果

 

離婚については、いきなり裁判をすることは出来ず、一度調停手続を経る必要があります(調停前置主義といいます。)。そこで今回もまず調停を行い、婚姻費用の請求と離婚・親権・養育費・財産分与を求めていきました。
 

離婚調停

調停の場においても、夫側はCさんが不貞行為をしていたとして、慰謝料を強く求めてきました。Cさんとしましても、やってもいないことを認めることが到底できないことから、調停では折り合いが付きませんでした(調停不成立)

そこで離婚裁判を行うことになりました。
 

離婚裁判

離婚裁判においては、離婚の点、親権はCさんが取得する点について争いはなく、どちらが慰謝料を支払うべきかという点が問題となりました。また、財産分与に関しても、財産の評価について双方の意見が一致せず、これも争点となりました。

まず慰謝料については、Cさんは不貞行為などしておらず、慰謝料を負うことはないことを主張しました。また、調停の際には請求していなかった夫からの暴力や婚姻費用未払等に関して、Cさんは慰謝料請求を追加しました。

夫が主張していたCさんの不貞行為の有無については、証人尋問などを通じて不貞行為などありえないことを反論したところ、この反論が裁判所に認められ、夫側の慰謝料請求は棄却されました。

一方、Cさんが求めた慰謝料請求については、まだ二人が同居していたころに生活費を渡していなかったことなどが認められ、無事慰謝料請求が認められました

財産分与に関しては、当方(Cさん)は夫の将来の退職金の分与を求めていきました。退職金については、現実に支払われたものではなく、支払われるまで相当な期間があるため、計算上の満額に80%を掛け合わせた金額からライプニッツ係数による中間利息控除をされた額が分与財産として認められました。そして、半分ずつということで、この分与財産の2分の1を勝ち取ることができました。
 

弁護士のコメント

今回は相手方が強行に争ってきたため、調停期間および訴訟から判決まで相当な期間がかかることが予想されました。また、Cさんとしては身に覚えのない浮気の疑いをかけられていたため、Cさんの精神的疲労も十分に配慮する必要があると感じていました。

また今回は、双方が慰謝料請求を求めて応報が繰り返されました。綿密な証人尋問や主張立証が功を奏し、夫側の請求は退けられ、Cさんの請求が認められることになりました。離婚に至る経緯を考えると、妥当な判決内容であったと考えます。
 

弁護士のサポート内容

代理交渉・訴訟の代理人。

相手方が強硬な態度を貫いていたことや、生活苦で来られたことなどを考慮して、できるだけCさんにストレスが軽減されるように考えて代理行為を行いました。

 

 

弁護士法人ⅰの離婚問題 解決事例集

性 別

  • 男 性
  • 女 性

離婚・慰謝料請求

  • 求めた(原告)
  • 求められた(被告)

職 業

  • 自営業
  • 会社員
  • 主婦・無職
  • パート・アルバイト
  • 専門職
  • 公務員
  • その他

離婚の原因

  • 性格・価値観の不一致
  • モラハラ
  • DV・暴力
  • 浮気・不倫された
  • 浮気・不倫した
  • 浪費癖
  • 子への虐待
  • 精神的病

離婚の争点

  • 離婚成立
  • 婚姻費用
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 養育費
  • 面会交流
  • 親 権

解決手段

  • 協 議
  • 調 停
  • 審 判
  • 訴 訟
  • 交 渉

 

解決事例

当事務所で解決しました事例の一部をご紹介します。

■ 離婚を拒む妻との離婚を成立させた事例(別居期間約5年半)(解決事例6)

■ 突然の養育費請求を半額に減額させた事例(解決事例11)

■ 浮気の慰謝料請求を3分の1以下に減額させた事例(解決事例12)

■ 離婚後に養育費を満額確保できた事例(解決事例13)

■ 男性が、離れ離れになった子供の親権を確保した事例(解決事例14)

■ 不利な公正証書の内容に反する慰謝料請求ができた事例(解決事例15)

■ 養育費について公正証書作成をした事例(解決事例16)

■ 訴訟せず交渉で浮気相手から慰謝料を獲得した事例(解決事例17)

■ 当事者間で和解後公正証書を作成した事例(解決事例23)

■ 相場より高額(1.5倍)の慰謝料を獲得した事例(解決事例26)

■ 法的離婚事由なしに離婚を成立させた事例(解決事例27)

■ 夫が認めている以外に証拠がない中で浮気相手の女性に慰謝料請求した事例(解決事例29)

■ 元妻との間での公正証書にて取り決めた養育費の減額請求をした事例(解決事例30)

■ 慰謝料請求に対しての早期解決、減額請求を行えた事例(解決事例31)

■ 15年間別居していた夫から受け取っていた生活費の返還を求められた事例

■ 有利な事態を利用して夫の不倫相手から示談金を獲得した事例(解決事例33)

■ 子のおもたる監護者であった妻から子3人のうち2人の親権を獲得した事例(解決事例34)

■ 離婚を受け入れる代わりに婚姻費用、慰謝料請求取り下げを獲得した事例

■ 元配偶者が親権を持つ子との面会交流が間接強制により認められた事例(解決事例36)

■ 離婚に応じないモラハラ夫との離婚を迅速に成立できた事例(解決事例37)

■ 10年間不倫をしていた男性の妻からの慰謝料請求を大幅に減額した事例(解決事例39)

■ 車のナンバーという情報のみから夫の不倫相手を特定し、慰謝料請求した事例(解決事例40)

■ 訴訟をせずに解決・慰謝料減額を得られた事例(解決事例41)

■ 有責配偶者からの離婚請求において離婚合意・低額和解を得られた事例(解決事例42)

■ 訴訟の提起により不倫相手男性に金銭支払いをさせることができた事例(解決事例43)

■ 慰謝料200万円の一括支払い請求に対し、減額・分割という譲歩を得た事例(解決事例44)

■ 相場を大きく上回る婚姻費用を減額・解決金支払いにより離婚成立を得た事例(解決事例45)

■ 養育費支払いの滞った元夫の給料差押により養育費を再度得られた事例(解決事例46)

■ 解決金の支払いを受け、婚姻費代分担なしに離婚成立を得られた男性の事例(解決事例47)

■ 直接証拠がない中、当事者が不貞の事実を認めたことで和解を得られた事例(解決事例48)

■ 依頼者が弁護士の助言を受けて交渉や文書のやりとりを行い、示談を成立させた事例(解決事例49)

■ 不貞を強く疑われ訴訟を起こされたが一定の金額を支払い解決した事例(解決事例50)

■ 200万円の減額・1か月という早期解決を得られた事例(解決事例51)

■ 相手方の主張根拠の薄さを逆手に、慰謝料の半減という結果を得られた事例(解決事例52)

■ 長引くと思われた解決が弁護士のサポートにより早期解決を得られた事例(解決事例53)

■ 子の面会交流を可能にし、相手側の財産分与要求を減額できた事例(解決事例54)

■ 前妻より養育費請求調停を起こされたが大幅な減額を得られた事例(解決事例55)

■ 離婚の合意のある配偶者に対し夫名義の自宅からの速やかな退去・離婚成立を得られた事例(解決事例56)

■ 頑な不倫相手女性との交渉を弁護士が行い慰謝料増額・示談成立を得られた事例(解決事例57)

■ 弁護士が就くことで折り合いのつかなかった点も全て取り決めることができた事例(解決事例58)

■ 250万円一括払いの慰謝料請求に対し、100万円の減額・分割払いという示談を得られた事例(解決事例59)

■ 交渉の余地のない相手方に対し180万の減額となる示談成立を得た事例(解決事例60)

 
 
 

ImgLH1_1.jpg

事務所案内弁護士紹介 料金・費用アクセス

 

ひとりで悩まずまずは相談予約 受付時間 月~金 10:00~19:00 0120-115-456 東大阪/西宮北口/奈良

Contents menu

弁護士法人i

本部東大阪法律事務所 布施駅北口出口徒歩2分

アクセス

奈良法律事務所 奈良駅7番出口(13番バス乗り場側)より徒歩1分

アクセス

0120-115-456 受付時間 月~金 10:00~19:00

事務所サイト債務整理サイト離婚サイト会社整理・破産サイト離婚相談票ダウンロード
Copyright (C) 弁護士法人i All Rights Reserved.